裏声(ファルセット)が小さい人向け|声量を上げるボイトレ7選

裏声(ファルセット)が小さい人向け|声量を大きくするボイトレ

しげ

どうして僕の裏声は小さいんだろう?裏声の声量を大きくするボイストレーニングとかないかなあ。

裏声は、高い曲を歌うために必須の発声方法です。地声とは異なる音色や響きのため、裏声を出せると表現の幅が広がります。

一方、裏声の声量が小さいため歌に応用できない人もいるのではないでしょうか。せっかく裏声を出せるのに、使い物にならなければもったいないですよね。

ここでは、裏声の声量を大きくするボイストレーニングを紹介します。トレーニングを続ければ、地声の音域や声量も改善されるので、ぜひ参考にしてください。

裏声(ファルセット)の声量が小さくなる原因と解決策

原因解決策
発声しにくい姿勢になっている体幹トレーニングにより姿勢を矯正する
息が十分に送り込まれてないリップロールとタングトリルにより呼吸を整える
声帯を伸ばせていない息もれのある裏声により輪状甲状筋を鍛える
声帯を閉鎖できていないエッジボイスにより閉鎖筋を鍛える
口の中に響かせていない口の開け方を見直すことで口腔共鳴を覚える
鼻の奥に響かせてない裏声でハミングすることにより鼻腔共鳴を覚える

しげ

個人差はあるけど、裏声の声量が小さくなる原因は、表の6つに分けれらるよ。

体幹トレーニングにより歌う姿勢を矯正する

裏声の声量を大きくするには、声の通りをよくしなければなりません。猫背だったり、首が前に突き出たりしては、思うように声が出ないですよね。

体幹トレーニングは、姿勢を矯正する効果があります。インナーマッスルを鍛えられるので、腹式呼吸にも改善されますよ。

Memo
体幹トレーニングでは、呼吸を意識してください。正しい呼吸は、トレーニングの効果を飛躍的に高めてくれます。ここでは、自然呼吸を心がけましょう。

しげ

体幹トレーニングでは、インナーマッスルを鍛えるよ。インナーマッスルは、ふだんの生活であまり使われないから、トレーニングの成果をすぐに実感できるはず。

フロントブリッジ

  1. うつぶせの状態から腰を落とす
  2. ひじが肩の真下になるよう立てる
  3. 腰を持ち上げて背中・腰・お尻が一直線になるよう姿勢をキープする
レベル時間
初級30秒
中級45秒
上級60秒

しげ

腰がのけぞると腰痛の原因になるから、お腹に力を入れて体を支えてね。

サイドブリッジ

  1. 体を横向きにする
  2. ひじを地面に置く
  3. 反対側の手を腰に添える
  4. お尻が下がらないようお腹を持ち上げる
  5. 体が一直線になるよう姿勢をキープする
レベル時間
初級30秒
中級45秒
上級60秒

バックブリッジ

  1. 仰向けに寝て両ひざをたてる
  2. 脚を肩幅と同じくらい開く
  3. 手のひらを下にして両手を体の横に置く
  4. ひざ・腰・肩が一直線になるよう背中を浮かせる(ひざの角度は90°)
  5. 姿勢をキープする
レベル時間
初級30秒
中級45秒
上級60秒

リップロールにより呼吸を整える

  1. 唇を湿らす
  2. 唇を前に突き出して軽く閉じる
  3. 息を吐いて唇を「ぶるぶる」と鳴らす

しげ

リップロールは、最も手軽なボイトレのひとつだね。適切な息の量が身につくだけじゃなく、声帯や表情筋をリラックスさせる効果もあるよ。

リップロールの前に、水を飲むなどして唇を湿らせてください。唇が乾燥しては、思うように振動しないので注意しましょう。

下唇で上唇を持ち上げるようイメージで口を閉じます。閉じる力が強すぎても弱すぎても振動しないので、力加減を調整しながら練習しましょう。

リップロールが一瞬しかできないという人は、吐く息の量が多いかもしれません。息を吐くときは、一定になるよう心がけてくださいね。

Memo
できない人は、唇の両端を指で引っ張ってください。唇が張るので、振動しやすくなります。まずは指で補助しながら、リップロールの感覚をつかみましょう。

しげ

リップロールをするときは、息だけでも声を混ぜながらでも問題ないよ。僕の体感としては、声を混ぜると負荷が大きくなる印象かな。「うー」の発音が、一番やりやすいよ。

タングトリルにより呼吸を整える

  1. 舌を口の上側にくっつける
  2. 息を吐いて舌を「とぅるるる」と鳴らす
レベル時間
初級10秒
中級20秒
上級30秒

タングトリルは、巻き舌の要領で行います。ポイントは、息を一定の量で吐き続けることです。吐く息の量が多すぎても少なすぎても、舌が鳴りません。

しげ

僕も最初はできなくて苦労したよ。でも、毎日練習したら25秒以上は安定してできるようになったかな。

息もれのある裏声により輪状甲状筋の鍛える

人は、裏声や地声で高音を出すときに輪状甲状筋と呼ばれる筋肉を使います。試しに鏡で口の中を観察しながら、高い声を出してください。

発声に合わせて、のどちんこの奥、のどの天井部分がへこみませんでしたか?

輪状甲状筋は、声帯を引っ張ることで発声を手助けしてます。天井のへこみは、声帯を引っ張っているというわけです。引っ張られた声帯に空気がぶつかることで、高い音がつくられます。

イメージとしては、ピンと張ったギターの弦でしょうか。弦を引っ張る力が強いほど、高い音が出ますよね。人が高音を発声するときも、同じような現象が起きているわけです。

Memo
実際には音の出る仕組みは弦楽器と異なりますが、ここでは割愛します。

息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えることのできる発声方法です。息もれのない裏声よりも、のどに負担がかからないので、安心してトレーニングできますよ。

息もれのある裏声の出し方

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして「ほー」と裏声で発声する

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

裏声は、フクロウのように「ほーほー」と発声しましょう。「ほ」は、息もれしやすい音。ほかの音よりも効率よく鍛えることができますよ。

しげ

息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えることのできる発声方法。息もれのない裏声よりも、のどに負担がかからないから、安心してボイトレできるね。

エッジボイスにより閉鎖筋を鍛える

ふつうの裏声は、声帯を開きながら発声します。声帯が開いている分、それだけ肺からの空気をたくさん消費します。結果、地声よりもか細い音色になるわけです。

一方、地声は声帯が閉じているので、裏声よりもハッキリと発声できます。そのうえ、声量も大きいですよね。

声帯を閉じることは、裏声の声量アップにつながります。ここでは、閉鎖筋を鍛えるエッジボイスを練習しましょう。

Memo
閉鎖筋とは、声帯を閉じる筋肉の総称です。

エッジボイスの出し方

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる

声を出すときは、低い、かつ出しやすい音にしてください。発声しながらのど仏を徐々に下げると、「あー」という声から「あ゛あ゛あ゛……」という声に変化したはず。

呪怨のような声が出れば、エッジボイスの完成です。声帯を閉じる感覚をつかめれば、低い音でなくともエッジボイスを発声できます。

口の開け方を見直すことにより口腔共鳴を覚える

人は、共鳴腔と呼ばれる空間を使って、音程や音色を調整します。共鳴腔は、大きく分けて3つあります。

  1. 鼻腔(びくう)
  2. 口腔(こうくう)
  3. 咽頭(いんとう)

あなたは、音楽の授業で「口角を上げて歌いましょう」と言われたことがありませんか?

口角を上げると、口の中の空間(口腔)が広がります。空間が広がれば、それだけ音が響くというわけです。

口腔共鳴を使いこなす正しい口の開き方

口腔共鳴を使いこなすには、口の開け方を見直す必要があります。まずは、正しい口の開け方で母音を発音しましょう。

母音口の開き
奥歯を歯磨きするように口を縦に開く
前歯を歯磨きするように口を横に開く
「お」よりも口をすぼめる
「い」よりも口を指一本分縦に開く
下前歯の裏を歯磨きするように口を開く

口の開きを確認するために、鏡の前でトレーニングしてください。実際に歯磨きしながらトレーニングすると、感覚を覚えやすいですよ。

しげ

各母音の口の形ができたら、地声と裏声、両方で練習しようね。口腔共鳴ができれば、トレーニング前と比べて声量が大きくなっているはずだよ。

裏声でハミングすることにより鼻腔共鳴を覚える

共鳴腔の中でも、高音発声に欠かせないのが鼻の奥にある鼻腔です。裏声を鼻腔に響かせると、これまで以上にキレイな音が鳴ります。

単に声を大きくするのではなく、裏声の響きを増すことで音量アップを目指します。鼻腔を使いこなせば、地声の音域や声量も改善されますよ。

練習方法はいたってシンプル。裏声でハミングするだけです。ハミングしたとき鼻に振動を感じれば、音が鼻腔に共鳴してます。

ピアノやキーボードを「ぽーん」と鳴らして一緒に歌うもよし。好きな曲をハミングで歌うもよし。鼻腔を使いこなして、美しい裏声を手に入れましょう。

しげ

鼻を触りながら歌うと、鼻腔に響いているかどうかわかるね。指に振動がビリビリと伝わってきたら、共鳴している証拠だよ。

裏声(ファルセット)の声量を上げるボイトレまとめ

  • 体幹トレーニングにより歌う姿勢を矯正する
  • リップロールにより呼吸を整える
  • タングトリルにより呼吸を整える
  • 息もれのある裏声により輪状甲状筋の鍛える
  • エッジボイスにより閉鎖筋を鍛える
  • 口の開け方を見直すことにより口腔共鳴を覚える
  • 裏声でハミングすることにより鼻腔共鳴を覚える

裏声は、地声よりも細いため使いこなすまで時間がかかります。しかし、きちんと鍛えることができれば、どんな曲でも歌うことができるでしょう。

ヘッドボイスミドルボイス、ミックスボイスなどの発声方法は、いずれも裏声の延長線上にあります。

まずは声量アップを目標にして、ほかの発声方法にも挑戦してください。

記事一覧 ボイストレーニングの記事一覧にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です