【ボイトレ】呪怨のようなエッジボイスとは?出し方と練習方法

【ボイトレ】呪怨のようなエッジボイスとは?出し方と練習方法

呪怨のような声が出るエッジボイス。一見すると何の役にも立たなそうなので、必要性を感じない人も多いのではないでしょうか?

実は、エッジボイスはミックスボイスの鍵を握る発声です。ここでは、エッジボイスの解説と練習方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

エッジボイスとは

エッジボイスとは、呪怨のように「あ゛あ゛あ゛あ゛……」と発声する方法です。ボーカルフライとも呼ばれます。

エッジボイスを出すとき、声帯を閉じる閉鎖筋がはたらきます。肺から送られる空気は、閉じた声帯を無理やり通ろうとします。空気が通過した際、声帯がこすれ合うことで「あ゛あ゛あ゛あ゛……」という声が出るのです。

一見すると、使い道のなさそうなエッジボイス。実は、ミックスボイスを習得するカギを握る発声なのです。

地声と裏声を発声するときの声帯の違い

なぜミックスボイスのカギなのか理解するために、まずは地声と裏声について簡単におさらいしましょう。

声帯の伸び声帯の開き
地声伸びていない閉じている
裏声伸びている開いている

地声は、あなたが普段話している声です。地声を出すとき、声帯は伸びてない、かつ閉じています。

裏声は、歌などに使われる高い声です。裏声を出すとき、声帯は伸びてる、かつ開いています。

Memo
声帯は、のどの中にある二枚のヒダです。肺から送られた空気が声帯にぶつかることで、声の源である音ができます。

声帯が伸びているほど高い音を、声帯が閉じているほどハッキリした音を発声できます。ミックスボイスは、声帯を伸ばしながら閉じなければなりません。

しかし、裏声の声帯の伸びに閉鎖を加えることは、難易度が高いです。閉鎖筋が鍛えられてなければ、まったくと言ってよいほど閉じません。

解決策のひとつが、閉鎖筋を鍛えるエッジボイスになります。エッジボイスを練習することで声帯を閉じる感覚をつかんだ後、ミックスボイスの習得に応用していきます。

エッジボイスの出し方

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる

声を出すときは、低い、かつ出しやすい音にしてください。発声しながらのど仏を徐々に下げると、「あー」という声から「あ゛あ゛あ゛……」という声に変化したはず。

呪怨のような声が出れば、エッジボイスの完成です。声帯を閉じる感覚をつかめれば、低い音でなくともエッジボイスを発声できます。

エッジボイスの練習方法

  • エッジボイスを10秒発声し続ける
  • エッジボイスと息を交互に切り替える
  • エッジボイスで鼻歌を歌う

エッジボイスを10秒発声し続ける

はじめは、エッジボイスの感覚を磨くトレーニングです。10秒を目標にして、エッジボイスを発声し続けます。

発声するときは、音がぶれたり止まったりしないよう意識します。安定した発声が上達のコツです。楽に10秒続けられるようになったら、15秒、20秒と増やしましょう。

エッジボイスと息を交互に切り替える

次は、声帯が閉鎖する感覚を磨くトレーニングです。練習するときは、メトロノームを鳴らすとやりやすいですよ。

一・三拍目をエッジボイス、二・四拍目を息と交互に切り替えます。エッジボイスを発声するときは声帯が閉じる、息を吐くときは声帯が開くというわけです。

エッジボイスから息に切り替わるとき、息からエッジボイスに切り替わるとき、声帯にどのような変化があるか意識しましょう。

練習で気がついた変化こそ、声帯が閉じる感覚です。感覚をつかめれば、ほかの発声でも応用できるはず。

エッジボイスで鼻歌を歌う

最後は、声帯を閉じながら鼻腔に響かせるトレーニングです。

人は、共鳴腔と呼ばれる空間を使って音色や音程を調整します。共鳴腔のひとつである鼻腔(びくう)は、高音を出すときに使われます。

鼻腔共鳴は地声での高音発声はもちろん、ミックスボイスの発声にも欠かせない技術。声帯閉鎖に鼻腔共鳴を混ぜることは、ミックスボイス習得の近道というわけです。

エッジボイスで鼻歌を歌うことは、ほかのトレーニングよりも難易度が高め。まずは、エッジボイスを鼻(鼻腔)に響かせる練習からしましょう。

エッジボイスを鼻に響かせる方法

  1. 口を閉じてエッジボイスを発声する
  2. 声の響きを鼻に持ってくる

先ほど習得したエッジボイスは、のどで響いてますね。鼻歌を歌うには、エッジボイスの響きを鼻に持ってくる必要があります。

のどに響く「ぶつぶつ」という音を、少しずつ上に持ち上げます。のどから口、口からのどちんこの奥へと移動させましょう。

鼻歌にエッジボイスが混ざった音が鳴れば完成です。のどにあったエッジボイスが、鼻を中心として顔全体に響いてるのが実感できるでしょう。

Memo
鼻に手を当てて振動を確認するとわかりやすいですよ。のどで鳴らすエッジボイスに比べて、振動を感じればきちんとできています。

エッジボイスのやり方と練習方法まとめ

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる
  • エッジボイスを10秒発声し続ける
  • エッジボイスと息を交互に切り替える
  • エッジボイスで鼻歌を歌う

しげ

エッジボイスは、閉鎖筋を鍛える発声方法。声帯を閉じる感覚をつかめれば、ミックスボイスの習得にグッと近づくよ。

記事一覧 ボイストレーニングの記事一覧にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です