【ボイトレ】ヘッドボイスとは?ファルセットとは違う太い裏声

【ボイトレ】ヘッドボイスとは?ファルセットより太い裏声

しげ

僕の裏声と歌手の裏声は何が違うんだろう?響きもあるし、裏声自体も太いし……。なんだか同じ裏声じゃないみたい。

ヘッドボイスは、裏声のひとつです。ふつうの裏声(ファルセット)よりも響くため、使い勝手がバツグン。ヘッドボイスは、そこまで難しい発声ではないためプロでなくとも習得できます。

ここでは、ヘッドボイスの説明と出し方を紹介します。練習すれば誰でも出せるようになるので、ぜひ参考にしてください。

ヘッドボイスとは

ヘッドボイスとは、裏声のひとつです。ふつうの裏声(ファルセット)とは異なり、音色が太く、響きがあります。米良美一さんの「もののけ姫」は、ヘッドボイスのお手本ですね。

ファルセットとヘッドボイスの違い

人は、のどの中にある声帯を使って声を調整します。ファルセットとヘッドボイス、これらにも声帯の違いが見られます。

声帯の伸び声帯の開き
ファルセット伸びている開いている
ヘッドボイス伸びている閉じている

声帯が伸びているほど高い音を、閉じているほどハッキリした音を発声できます。ファルセットが細いのは、声帯が開いているためです。

ファルセットを息もれのある裏声とするなら、ヘッドボイスは息もれのない裏声です。声帯を閉じることで、息がもれる量を少なくするわけですね。

ヘッドボイスを出す前に

ヘッドボイスは、ファルセットを応用した発声方法です。もし、あなたがファルセットを苦手とするならば、土台から固めることをオススメします。

ヘッドボイスの出し方

  1. 裏声(ファルセット)で「ほー」と発音する
  2. そのまま「あー」と発音する

ヘッドボイスは、ファルセットの延長線上にあります。ファルセットに声帯閉鎖を加えることで、ヘッドボイスの発声を試みます。

「ほー」は息もれしやすい音。一方、「あー」は息もれしにくい音です。それぞれを発声したとき、音の響きや太さを聴き比べてみましょう。

「あー」と発声したとき、ファルセットよりも響きがあればヘッドボイスができている証拠です。そのまま音程を上下させて、ヘッドボイスに慣れましょう。

ヘッドボイスを発声できるようになったら、ファルセットから切り替える練習をします。「ほー」と「あー」を交互に発声するとよいですよ。

Memo
ヘッドボイスは、裏声の中でも高めの音域だと出しやすいです。逆に、低めの音域では声帯がなかなか閉じません。「あー」と発音しても裏声が細いようであれば、音程を上げて練習しましょう。

ヘッドボイスのコツ

  • 裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する
  • 裏声でハミングする

裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する

ヘッドボイスの発声では、声帯を閉じることが大切です。声帯が開いたままでは、ファルセットと何ら変わりありません。

ここでは、あなたが本来持っている力を前借します。試しに、裏声で「ぐっ」と発音してみてください。

ファルセットよりも太くて響きのある音がしませんでしたか?

実は「ぐっ」と発声すると、強制的に声帯を閉じることができます。声帯を閉じる筋肉(閉鎖筋)の前借というわけです。

しげ

これは、ボイストレーニングの先生に教わった練習方法だよ。すぐに効果を実感できるから、ぜひ試してね。

裏声でハミングする

人は、共鳴腔という空間を使って音色や音程を調整します。共鳴腔は、大きく分けて3つあります。

  1. 鼻腔(びくう)
  2. 口腔(こうくう)
  3. 咽頭(いんとう)

高い音を発声するときは、鼻腔が重要になります。鼻に響かせるように歌うとこで、キレイな高音が出せるのです。

鼻腔に響かせる感覚をつかむには、ハミングするとよいでしょう。試しに、裏声でハミングすると響きが増したことを実感できるはず。

ヘッドボイスを発声するときは、鼻腔に響かせるよう心がけます。のどに頼り切った発声から抜け出すと、ヘッドボイスが出しやすいですよ。

しげ

鼻腔に響いているか確かめるには、鼻に触るといいね。指に振動がビリビリと伝わってきたら、共鳴している証拠だよ。

ヘッドボイスを出せない人向けの練習方法

ヘッドボイスのコツを実践しても発声できなかった、という人は筋肉が足りないかもしれません。

はじめに説明したように、ヘッドボイスは声帯を伸ばしながら閉じないと発声できません。まずは土台となる筋肉を鍛えましょう。

声帯筋肉ボイトレメニュー
伸ばす輪状甲状筋息もれのある裏声
閉じる閉鎖筋エッジボイス

息もれのある裏声で輪状甲状筋を鍛える

声帯を引っ張る筋肉を輪状甲状筋と呼びます。息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えられる発声です。のどに負担がかからないので、安心してトレーニングできますよ。

息もれのある裏声の出し方

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして「ほー」と裏声で発声する

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

裏声は、フクロウのように「ほーほー」と発声しましょう。「ほ」は、息もれしやすい音。ほかの音よりも効率よく鍛えることができますよ。

【ボイトレ】1日5分で効果抜群!輪状甲状筋の簡単な鍛え方【ボイトレ】1日5分で効果抜群!輪状甲状筋の簡単な鍛え方

エッジボイスで閉鎖筋を鍛える

閉鎖筋を鍛えるには、エッジボイスが最適。エッジボイスとは、呪怨のように「あ゛あ゛あ゛あ゛……」と発声する方法です。

エッジボイスを出すとき、声帯を閉じる閉鎖筋がはたらきます。肺から送られる空気は、閉じた声帯を無理やり通ろうとします。空気が通過した際、声帯がこすれ合うことで「あ゛あ゛あ゛あ゛……」という声が出るのです。

エッジボイスの出し方

  1. 低い声を「あー」と出す
  2. 発声しながらのど仏を下げる

声を出すときは、低い、かつ出しやすい音にしてください。発声しながらのど仏を徐々に下げると、「あー」という声から「あ゛あ゛あ゛……」という声に変化したはず。

呪怨のような声が出れば、エッジボイスの完成です。声帯を閉じる感覚をつかめれば、低い音でなくともエッジボイスを発声できます。

ヘッドボイスの出し方まとめ

  • 裏声(ファルセット)で「ほー」と発声する
  • そのまま「あー」と発声する
  • 裏声で「ぐっ・ぐっ」と発声する
  • 裏声でハミングする
  • 息もれのある裏声で輪状甲状筋を鍛える
  • エッジボイスで閉鎖筋を鍛える

ヘッドボイスができるようになると、歌える曲の幅が広がります。ファルセットよりも響きがあるため、迫力も十分。

ふだんから裏声を出していた人は、すぐに習得できるでしょう。一方、裏声を苦手とする人は、時間がかかるかもしれません。

特に、閉鎖筋を鍛えるには根気が必要です。すぐに前借できますが、ヘッドボイスに応用するまでの筋肉は一朝一夕では身につかないものです。

毎日5分でも続けることが上達の秘訣です。きちんとボイトレしていれば、ある日突然ヘッドボイスを出せるようになってますよ。

記事一覧 ボイストレーニングの記事一覧にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です