【ボイトレ】1日5分で効果抜群!輪状甲状筋の簡単な鍛え方

【ボイトレ】1日5分で効果抜群!輪状甲状筋の簡単な鍛え方

しげ

地声の音域を拡げるには、輪状甲状筋を鍛えればいいみたいだな。でも、どうやったら鍛えられるんだろう?

輪状甲状筋は、声帯を引っ張る筋肉です。声帯が伸びるほど高い声を出せるので、音域を拡げるには鍛えなければならない筋肉として知られています。

一方、輪状甲状筋を鍛えると言っても、どのようなボイトレをすればよいのか分からない人もいるはず。闇雲に声を出しても、トレーニングにはなりません。

ここでは、輪状甲状筋をメキメキ鍛えるボイトレを紹介します。鍛えるほど音域の拡大を実感できるので、ぜひ試してみてください。

輪状甲状筋の鍛え方

  • 息もれのある裏声
  • 裏声でハミングする
  • 裏声で曲を歌う

息もれのある裏声

  1. 下あごを下げて、口を大きく開く
  2. 軽く息を吸い込む
  3. 息を多めにして「ほー」と裏声で発声する

口を開けるときは、下あごの骨が出っ張るくらいが丁度です。耳の前に手を当てると確認できます。もし痛みを感じるのであれば、無理しないでくださいね。

裏声は、最小限の息で発声するよう心がけます。いきなり大きな声で出そうとすると、のどや声帯を傷つけるかもしれません。

裏声は、フクロウのように「ほーほー」と発声しましょう。「ほ」は、息もれしやすい音。ほかの音よりも効率よく鍛えることができますよ。

しげ

息もれのある裏声は、輪状甲状筋をもっとも鍛えることのできる発声方法。息もれのない裏声よりも、のどに負担がかからないから、安心してボイトレできるね。

裏声でハミングする

  • 単音をハミングする
  • 音程を上下させてハミングする
  • 音階に合わせてハミングする

上のボイトレメニューは、いずれも裏声でハミングしましょう。はじめは、ピアノやキーボードの音に合わせてハミングするだけで十分です。

安定してハミングできるようになったら、音に変化をつけましょう。低い音域から高い音域まで網羅するように練習してください。

Warning
高い音をハミングしたとき、息苦しさを感じたら一旦止めましょう。のどに負担がかからないと言えども、無理は禁物。あなたの音域に合わせて、ハミングしてくださいね。

しげ

裏声のハミングも、のどに負担がかからないボイトレのひとつ。輪状甲状筋が鍛えられるほか、鼻に響かせる感覚も養えるんだ。

裏声で曲を歌う

  • サビを裏声だけで歌う
  • 一曲通して裏声だけで歌う

音域の高い曲を裏声だけで歌います。サビは音域が高い傾向があるので、裏声で歌いやすいですね。のどが締まらなければ、どのように歌っても構いません。

音域が拡がってきたら、裏声だけで曲を歌いきることに挑戦してください。低い音域でも裏声が出るようになったら、かなり鍛えられている証拠ですよ。

しげ

ふつうの裏声でも輪状甲状筋はしっかりと働いているんだ。ボイトレの息抜きとしてもちょうどいいね。

輪状甲状筋を鍛えるボイトレまとめ

  • 息もれのある裏声
  • 裏声でハミングする
  • 裏声で曲を歌う

はじめは、息もれのある裏声だけで十分です。毎日5分だけでもトレーニングすることで、輪状甲状筋がかなり鍛えられます。一週間も続ければ、地声の音域も拡がるはず。

記事一覧 ボイストレーニングの記事一覧にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です